ダメな営業担当者にあたった場合、何かしらのアクションは必要になる

派遣スタッフとして働くことの成功には、営業担当者の手腕というものがどうしても左右されてきます。
ですが、この営業担当者は全員が全員優秀なわけではありません。
優秀でなくても普通に任務を遂行してくれればいいのですが、その任務すらきちんと行えないような使えない営業担当者というのはどうしても出てくるものなのです。
正直なところ、そういった営業担当者にあたってしまった場合、黙ったままでいるといつかは損を被ることになってしまいます。
ですので、そういった営業担当者にあたった際の対処法というのだけは知っておいたほうがいいのではないかと思われます。
その対処法の一つに、担当のコーディネーターに相談をしてみるということがあります。
現場で何か困った時には相談にのってくれる立場ですので、そういったやる気のない営業担当者であれば、文句を言うスタッフも一人や二人ではないはずです。
そのためにも、コーディネーターを味方につけておくことで、その先の何かしらのトラブルには迅速に対処をしてくれることでしょう。

担当者を変えてもらう

営業担当者のせいで、契約の延長ができなかったというケースも決してゼロではありません。
いくら派遣スタッフが優秀であっても、営業担当者がだらしなく、しかも態度が悪い人間だとなるとその派遣スタッフにも必ずしわ寄せはくるものなのです。
そんな最悪なケースを防ぐためにも、いち早く担当者を変えてもらういった行動に出るほうがいいと思われます。
特に、派遣先の会社と良好な関係性があるのならば尚更であり、メールや電話を使って派遣会社に直接申し出るのが効果的になります。

担当者の本質を見極めるのも仕事の一つ

派遣スタッフとして勤務先を見つけてくれる営業担当者はとてもありがたい存在となってきます。
ですが、派遣で働くことが決まった時に、担当になった人間の本質というものも同時に見極めるというのも大事な仕事の一つとなってくるのです。
営業担当者にも色々な人が存在してきます。
使えない担当者というのも何万ともいます。
確かにお仕事を持ってきてくれるというのはありがたいことですが、それは担当者にとっては当たり前のことでもあり、その人のお仕事でもあるのです。
派遣スタッフとして働くにしても、自分の身は自分で守らなければなりません。
担当者を全員信じるのではなく、きちんとその人間性も見極めて、信頼できる担当者なのかを確かめるということが必要となってくるのです。