派遣スタッフが飛んだ際の派遣会社の対応とは?

急に無断で会社に来なくなるスタッフというものは、どこの会社にも必ず一人はいるはずです。
会社によっては言い方は違いますが、大体が「飛んだ」、「バックレた」というような言い方をします。
もちろん、派遣スタッフの中にも簡単に「飛ぶ」スタッフはいます。
このように、派遣スタッフが派遣先の会社から急に飛んだ際の派遣会社の対応というものが気になるところでもあります。
基本的に、飛んだスタッフの担当者というのは、その日の仕事を全て投げ出してでも飛んだスタッフを探し出すといわれています。
まず、第一歩として電話やメール攻撃は最低限の行動をして行うでしょう。
当然かける電話の回数なんていうのは相手が出るまでが当たり前で、その電話のコールだけで充電がなくなるということもあるようです。

自宅まで行く

派遣スタッフが飛んだ際、まず一歩目の行動として電話やメール攻撃を行います。
ですが、ここで何の反応がないとなれば自宅まで足を運ぶことになります。
ですが、実家住まいであれば家族の方に対応してもらえるのでいいのですが、一人暮らしの場合だと家にいない場合がほとんどなのです。
普通ならここで引き返すのですが、派遣会社の場合は自宅の近くで張り込んだりします。
担当者というのは飛んだスタッフの責任を取らなければなりませんので、自宅の近くで張り込むぐらいは平気でできるのです。

違約金が発生するので必死になるのも当然

派遣スタッフが飛んだ際、なぜ担当者はここまで必死になるのでしょうか。
まず、派遣先と契約をきちんと交わしている場合、当然のように「違約金」というものがついてきます。
派遣スタッフが飛んだとなれば、当然のように契約期間は満了していないはずです。
そうなれば、当然のように違約金が発生してくるのです。
派遣スタッフに飛ばれると営業料金の何割かを上乗せして請求されることもありますので、派遣会社の営業担当はインセンティブどころか給料に直接ダメージをくらうことになります。
それを避けるためにも、自宅の近くで張り込むぐらいの行動が起こせるのです。

給料を前借しているケース

ごくごく稀なのですが、派遣スタッフにお給料の前借をしているというケースがあります。
もちろん、ある程度の実績を残しているスタッフのみに行っていることだと思うのですが、この油断というものから派遣スタッフの飛ばれるケースもあるのです。
そういった際、取立てが厳しいとみなされれば裁判になるケースもあるようです。
とはいえ、裁判をするにはお金も時間も労力も使いますので、極力自分たちの手で何とかしたいというのが派遣会社の本音でもあります。