社会人の必須アイテム!派遣社員なら知っておきたい名刺のマナー

名刺は社会人にとって自分の名前や所属を示すだけでなく、取引先との関係を築く上で非常に重要なアイテムです。それは派遣においても同じでしょう。しかし、立場上派遣スタッフは名刺を扱う際に気を付けることがたくさんあります。そこで今回は派遣スタッフなら知っておきたい名刺のマナーについてご紹介したいと思います。

派遣スタッフが名刺で気を付けるべき理由とは

派遣スタッフが名刺を持つ際に気を付けなければいけない理由として、雇用形態の複雑さが挙げられます。実際に働く職場ではなく、その職場を紹介した派遣会社と雇用契約を結ぶ派遣スタッフは「派遣先に所属している」と名乗ってはいけません。また、会社側も派遣スタッフに会社の看板を背負わせないために、名刺に関して細かな規定を設けている場合が多いです。軽率に扱うと両者から罰せられるため、派遣スタッフが名刺を扱う際には注意する必要があります。

一般的に名刺は派遣先が支給する

とはいえ、派遣社員が名刺を持つこと自体に法律の定めは有りません。一般的に名刺は派遣会社から支給され、所属は実際に働いているA社ではなく、雇用契約を結んでいるB社となります。そのため、ここで支給される名刺は派遣先を探す際に自分をアピールするツールであり、職場で取引先と関係を築くためにはあまり使えないでしょう。

自分で作る際には派遣先へ確認すること

そのため、派遣先で活躍するためには、やはり自分で名刺をつくることをおすすめします。まずは派遣先に名刺について相談してみましょう。その際に「会社名を名乗っていいか?」など記載内容について許可をもらえるはずです。

「派遣社員」の明記は必要か?

そして、悩みどころなのが「派遣社員」の記載をするかどうかです。派遣社員に関する法律で名刺に「派遣社員」という記載を義務付けているものはありませんが、派遣先がトラブル発生時に責任を逃れるために記載させたり、逆に営業などの業務をスムーズに行うためにあえて記載しなかったりと対応はまちまちなので、しっかり確認しておきましょう。

派遣社員は責任を持って名刺管理を

いかがでしたか?名刺は相手を信用させ、関係を築く上で非常に重要なアイテムである反面、大きな責任が伴います。立場が複雑な派遣社員はより一層責任を持って管理する必要があるでしょう。
また、法律に関係なく、名刺を所有し、相手に示すという行為は会社の名前を背負うという行為であり、責任ある姿勢が求められるのでその点を努々忘れないようにしましょう。