今、派遣業界ではクリエイティブ系の仕事が人気!?その理由とは

近年Webデザイナーやグラフィックデザイナーなどクリエイティブ関連のお仕事を始める派遣スタッフが増えており、正社員として働いていた人が派遣として再出発することも多くなりました。今回はそんな今注目のクリエイティブ系派遣のお仕事の内容と人気の理由についてご紹介します。

Webデザイナーのお仕事って?

グラフィックソフトを用いてコンセプトや目的に合わせた見栄えの良いWebサイトを制作するWebデザイナーにはデザイン構成力とコーディング力の2つが求められます。
具体的にデザイン構成力としてはイラスト制作ツールのIllustratorや画像編集ツールのPhotoshopなどのソフトを使えるスキル、コーディング力としてはWebページを作る言語であるHTML/CSSやJavascriptが記述できるスキルが求められるでしょう。
覚えるのは大変ですが、身につけることで今後働けるフィールドが格段に広がっていくと思います。

グラフィックデザイナーのお仕事と求められるスキルとは

書籍やロゴ、製品パッケージなど様々なものをデザインするグラフィックデザイナーにはWebデザイナー同様IllustratorやPhotoshopなどのデザインツールが使えるスキルやデザインセンスなどが求められます。また、イラストレーターやコピーライターとチームを組んで仕事をすることが多いため、高いコミュニケーション能力も求められるでしょう。

なぜ今クリエイティブ業界が人気なのか

では、なぜ今派遣においてクリエイティブ業界がこんなに人気なのでしょうか?その理由として以下の3つが挙げられます。

他の業種に比べて圧倒的に時給が高い。

まず、第一にクリエイティブ系のお仕事は他の業種に比べて圧倒的に時給が高いことが挙げられます。ジョブズリサーチセンターが2016年12月に行った「派遣スタッフ募集時平均時給調査」によると、一般的なオフィスワーク系のお仕事の平均時給が1487円に対して、クリエイティブ系のお仕事は平均1683円と200円も多い現状です。さらに専門性の高いWeb/IT系知識を身につけてSEやプログラマーとして働けば平均2386円と圧倒的に高時給が得られるでしょう。

手に職が付けられる

手に職が付けられることもメリットといえるでしょう。資格やスキルを身につけていかないといけない派遣業界において、クリエイティブ系のスキルは幅広いフィールドで即戦力として働ける大きな武器になります。

ニーズが高まってきているため求人が多い

そして業界全体のニーズの高まりから求人数や待遇がアップしていることも人気の理由です。クリエイティブ業界はプロジェクトごとに様々なスキルを持った人たちがチームを組んで仕事をするため、フレキシブルに人材が確保できる派遣スタッフを重宝しています。